しおあめはかみ砕けない

べろべろっと書きたいことを書きたいときに

深いことが書けない。

 やっほー、塩ノ飴子だよ。

 

 最近というかここ数年の悩みを今回はちょっと聞いてほしい。
あわよくばみんなの意見を聞きたいな~などと考えてるのでなんかあったら教えてください。 

 

 ここ数年深いことが考えられない&書けない。

 

 漫画や映画とかの深い考察をする考察畑にいたわけじゃないんですけど昔はもっといろいろ登場人物についてとか世界観についてとか色々妄想というか考察というか、思いを馳せてみたりしてたんですけど、最近そういうことが全然できなくなっちゃって。
好きな作品については昔はもっといろいろ自分で考えることが多かった。少なくともツイッターやなんかでリツイートされてきた考察やまとめ記事なんかを見てそれをそのまま納得してムシャムシャ食べるだけって感じじゃなかった。ツイッターはまさに考察の回転寿司や~!
前はもうちょっと自給自足してたような気がする。いまじゃうちの畑は草ボーボーです。

 そもそもいつ頃からこんなに脳みそが働かなくなったんだろう。
考えてみれば、深夜に働いて帰ってきてからなんだかんだして寝るのが朝みたいな生活を始めたくらいから、もともと早くなかった脳みその回転数が一段とガクッと下がったような気がする。

何も考えないでただ惰性で生活してた時期が間違いなくあった。

 そのころから少しずつ活字離れをして、思考停止状態になっていた気がする。
思考停止状態ながらもテレビやアニメ、漫画なんかの深く考えなくても読める・見れるものは見ていて少なからず感動したりの心の動きはあったんだけど、多分脳みそと心は繋がってなかった。
や、脳科学的な人に言わせれば心も脳の送る信号的ななんかそういう密接なかかわりがあるかもしれないんだけどそういうのじゃなく感覚的なのでね。

 好きなものに対して深く考えられないのは自分で思っていたよりも結構つらかったと思う。(つらかったのかもよく考えてなかった)

 最近頭使うことを始めたおかげで少しずつ脳の調子が戻ってるような気がするけど、まだまだ本調子じゃないかんじ。埃かぶって蜘蛛の巣はってた脳みそにこれからやる予定のプログラミングの勉強は堪えそうだなぁ……

ここまで一回文章を読み直してみて、すごい文末が”~ような気がする”とか”~な感じだった”とかあいまいな表現ばっかりでどんだけ思考停止してたんだろう感がすごい。

 

そんなこんなで深く考えられないうえにそれをまとめて書くこともできなくて、自分の脳みそに今とてつもない危機感を覚えているので、みんなの考察や、文章考えるとき、書くときのコツなんかをご教授いただけたらなぁという甘え根性でこの記事を書いてます。

求:考察大好き文章書きマン・おすすめの小説etc…
譲:感謝の言葉

 

そんな感じでレスポンスを期待しながら今回はこの辺で。

 

ではまた次回、ごきげんよう。

広告を非表示にする